MENU

妊娠中の腹痛に注意!便秘じゃないかも!?

妊娠中に腹痛を感じると、お腹の赤ちゃんに何かあったのでは?
っととっても不安になると思います。
便秘による腹痛なのか何かあったのかというのは、
なかなか判断しづらいものです。
心配な場合は、すぐに産婦人科に連絡しましょう!

 

 

妊娠中に腹痛を感じたとき、おなかの中の赤ちゃんに何かあったのではないかと、不安になる妊婦さんが多いですね。
妊娠中の腹痛の原因によって痛みの感じ方もそれぞれなので、どんな痛みなら危険なのか、知っておきたいところです。

 

妊婦さんは、子宮が赤ちゃんの成長に伴って大きくなるために腸が圧迫され、便秘になりやすいと言われています。
便秘なら直接おなかの中の赤ちゃんに影響があるわけではないですが、中には妊娠特有の腹痛があり、
時には危険を伴う場合もあります。

 

妊娠初期に軽い生理痛のようなチクチクと引っ張られるような痛みは、子宮が大きくなることに伴って生じる痛みですので、
まず心配ないと思われます。
しかし、強い痛みを感じたり、出血を伴う場合は流産の危険性があるので、すぐにかかりつけの産婦人科に行きましょう。
また、おなかが引っ張られるような痛みに伴って、おなかがピキっと張ったり、おなかを触ってみてカチカチになっているようでしたら、
切迫流産または切迫早産の危険性があります。妊娠後期におなかが張るのは生理現象ですが、正規産の時期に入っていないのに
しばらく横になっても張りが収まらない、規則的な時間帯に痛みがあるなどの症状が出た場合にもすぐに産婦人科を受診してください。
張り止めの薬を処方されて、安静に指示するようがあることが多いですので、医師の指示通りに過ごすようにしましょう。

 

妊娠中だから便秘気味、といって安易に原因を決め付けずに、少しでも心配だなと思ったら自己判断せずにすぐに産婦人科に連絡してくださいね。