MENU

妊娠中の便秘にヨーグルトとオリゴ糖!

妊娠中の便秘対策には色々な方法が考えられますが、
そのの原因の1つに、水分の補給不足があげられます。
さらに効果を高めるために、ヨーグルトとオリゴ糖を
摂ることでさらに効果が高まるのです。

 

 

【記事本文】

 

娠中は、便秘に悩む方が多くなります。その理由はいろいろあります。

 

まず妊娠中は全身の血液量が増えて赤ちゃんに栄養を送るためにフル稼働しますし、
羊水にもたくさんの水分が必要です。そのため、妊娠中は摂った水分が大腸まで十分に届かず、
結果として便が固くなってしまうということがあります。

 

また特に妊娠後期のお腹が急激に大きくなる時期では、運動するのが億劫になったりトイレで
お腹に力を入れるのが怖いということも便秘に影響します。

 

妊娠中の便秘対策のひとつとして、水分を十分に摂りながら腸内の環境を整えるのが有効です。

 

体調や妊娠の経過についてはまずは産婦人科のかかりつけの先生に相談するのが大前提ですが、
腸内にたくさんいる細菌のバランスをよくすることで便秘の改善効果が期待できます。

 

腸内には全身の細胞よりも多いとも言われる細菌が棲みついていてそれぞれの働きをしています。
細菌は体にとって有益なものとそうでないものとに分類でき、それぞれ善玉菌・悪玉菌と呼ばれます。

 

善玉菌は、水分をたくさん含んで柔らかく排出しやすい便を作る働きをします。
そのため腸内の細菌バランスが善玉菌優勢だと便秘になりにくいと言えます。

 

善玉菌の代表は、ヨーグルトなどに多く含まれる乳酸菌です。また乳酸菌は、オリゴ糖を好んで
栄養として仲間を増やす細菌です。ですから、オリゴ糖で甘みを付けたヨーグルトを食事に取り入れることで
腸内の環境を善玉菌優勢に整えることができます。